Japanees

タイトル/最新版

タイトル/最新版

タイトル/最新版 VeriSM tm 基礎 現代のマーケットでは、あらゆる組織がサービスプロバイダです。製品を販売する組織でさえも、製品にサービスのレベルを追加する必要があります。銀行、保険、行政事務を行う組織だけでなく、多種多様なオンラインショップを考えてみてください。オンラインショップでは物理的な製品がコモディティ商品であり、組織を差別化するのはサービスです。どのようにすれば最適なサービスマネジメントで、消費者を満足させられるでしょうか?近年、さまざまなサービスマネジメント手法が急激に増加し、多くの組織は最適な方法を決めかねています。VeriSMとは、あなたが望むビジネス成果に応じて機能する柔軟なオペレーティングモデルを作り出すための新しいアプローチです。VeriSMは、組織が自社のサービスマネジメント原則をどのように定義するかを説明し、価値を提供するマネジメントプラクティスの組み合わせに役立ちます。 VeriSMとは以下を表すサービスマネジメント手法です。 • Value-driven:価値主導 • Evolving:進化し続ける、発展、展開する • Responsive:応答する、敏感に反応する • Integrated:統合された • Service:サービス • Management:マネジメント 概要 VeriSMは、1つの部門に焦点を当てるのではなく、エンドツーエンドの視点に注目し、組織レベルからサービスマネジメントアプローチを説明します。適切なタイミングで適切な製品やサービスを消費者に届けるために、VeriSMモデルを中心として柔軟な方法で広範なマネジメントプラクティスを導入する方法を組織に示します。VeriSMは、ビジネスの種類、組織の規模、ビジネスの優先事項、組織カルチャ、さらにはあなたが手掛けている個別のプロジェクトやサービスの性質によって決まるテイラードアプローチができます。 VeriSMは、規定された1つの働き方にとらわれることなく、組織が消費者に対応し、統合されたサービスマネジメントプラクティスを通して価値を提供することに役立ちます。 VeriSMモデル このモデルでは、ガバナンスがあらゆる活動、組織の最終目標と成果、価値に強力に焦点を合わせて維持することを包括しています。 次にサービスマネジメント原則が、その組織のために定義されます。サービスマネジメント原則は、すべての製品とサービスがその組織のニーズに整合されたものであるようにするガードレールとしての役割を果たします。セキュリティ、リスク、品質、資産の使用などの領域に対して原則が定義され、その原則は製品やサービスの開発や運用に関わるスタッフ全員にコミュニケーションされます。 VeriSMモデル特有の要素は「マネジメント メッシュ」です。このメッシュは、特定の製品やサービスに対する要件に応じて適応可能な柔軟なアプローチを提供します。マネジメントメッシュには以下が含まれます。 リソース 環境 エマージング技術 マネジメントプラクティス ...
Read More